2006年04月13日

マザー(MOTEHR)

任天堂
1989.7.27発売
©1989 SHIGESATO ITOI/Nintendo





「エンディングまで泣くんじゃない!」
そんなキャッチコピーのCMが印象的なこのゲーム。


ドラクエともFFとも違う
それでいておもしろかった
数少ないファイミコンRPGです。

(写真はニンテンドーDS:マザー3)


宇宙から降ってきたUFOを発見する所から
物語は始まり、子供達が冒険に出かける。


セーブがこのころにはあったので、
パスワード間違いで続きが出来ない!
なんてこともなくなっていた。


でも、ちょっとしたショックで
データが飛んでしまうこともしばしば(苦笑)


ゲームのバランスは絶妙で、
武器や乗り物(自転車とか)もかなりおもしろかった。


音楽もこれまたよくできていて、
エンディングもよければ、
途中、音楽を拾い集めて
最終ボス戦でかなでるなんてものもよかった。

マザー2がでてからどれほど月日がたったのか
ようやく3が発売となった。


何年もかけて出来上がった今回のマザー。
カナリ期待はするものの、すでにRPGを
根気よくやれる歳じゃなくなったのが残念(笑)


オススメの1本です!


今回は「エンディングまで泣かない」と心に誓っています^^;



マザー3をやってみよう!


banner2.gif←ランキング順位が確認できます。

posted by ファミスキ at 00:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 任天堂
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/16483279
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。